強酸性水生成器の人気機種をご紹介

強酸性水人気ランキング

強酸性水生成器01

強酸性水生成器 
ドラゴンビーム

強酸性水・次亜塩素酸水生成器ドラゴンビーム

日本インテック

強酸性水生成器01

強酸性水生成器 
ドモジョン

還元水・強酸性水生成器ドモジョン

日本インテック

強酸性水生成器02

強酸性水生成器
Panacee3(パナセ3)

強酸性水生成器パナセ3

日本インテック

強酸性水生成器03

強酸性水生成器
テクノスーパー
ATX-502

強酸性水生成器テクノスーパー

アクアプロセス

強酸性水生成器人気製品

強酸性水生成器
アルトロンミニ

強酸性水生成器アルトロンミニ

アルテック

強酸性水生成器人気製品

強酸性水電解水生成器
アルトロンネオAL-740

強酸性水アルトロンネオ

アルテック

強酸性水生成器人気製品

還元水・強酸性水
連続生成器 
サナスKS-50EX

還元水・強酸性水生成器サナス

アクアプロセス

タグ「殺菌」を含む記事

殺菌

 / 強酸性水用語集

殺菌とは

微生物を薬品などを使って死滅させること。

病原性や有害性がある糸状菌、細菌、ウイルスなどの微生物を死滅させる操作のこと。
 
 【菌を殺す・死滅させる】という意味で、薬事法の対象になる消毒薬などの「医薬品」や薬用石けんなどの「医薬部外品」で使うことができる表現。

 

タグ: , , ,

微酸性電解水

 / 強酸性水の仲間, 強酸性水用語集

微酸性電解水とは

微酸性電解水とは 無色・無味・無臭なので水道水と同じイメージになります。

pHは5~6.5なので中性になります。 除菌殺菌消臭に効果的と言われております。

万が一誤って飲んでしまっても体に害はないと言われております。

微酸性電解水なので皮膚ダメージが少なく手荒れの原因にもなりにくいです。 細菌・カビ・酵母・ウイルスなどの微生物に効果的となります。

強酸性水の仲間になるのではないでしょうか!?

タグ: , , , ,

酸化電位水

 / 強酸性水の仲間, 強酸性水用語集

酸化電位水とは

酸化電位水は、普通の水道水に少しの食塩を添加し、電気分解すると生成出来ます。

この強い酸性を示す水の消毒作用が現在注目されており、医療分野など様々な分野で活用されています。

酸化電位水は、一般に使われている消毒薬と比較すると、生体親和性にすぐれており刺激性や毒性がほとんどないのが特徴です。

たくさんの病原微生物を瞬時に殺す力があると言われております。

インフルエンザ、エイズ、B型C型肝炎、ヘルペス、緑膿菌、MRSA、結核菌、水虫。黄色ブドウ球菌、サルモネラ菌、O-157など。

強酸性水も同じような特徴がありますね!

タグ: , , , ,

次亜塩素酸ナトリウム

 / 強酸性水の仲間, 強酸性水用語集

次亜塩素酸ナトリウムとは

次亜塩素酸のナトリウム塩である。化学式であらわすと NaClO 

また、次亜塩素酸ソーダとも呼ばれる。

プールや漂白剤の匂いを有す。酸化作用、漂白作用、殺菌作用があると言われております。

使用用途としては、

果実や野菜の除菌。乳製品製造、各種食品の製造加工において装置や器具の除菌。プ-ル水,浴場水,下水,器具など水の除菌に使用されております。

 

その他の除菌剤よりもランニングコストが安く押さえられますが特徴的です。 

幅広く一般的に使用できるので、シミ抜きや漂白にも使用されます。

強酸性水も近いような特徴があると言えますね!

タグ: , , , ,

オゾン水

 / 強酸性水の仲間, 強酸性水用語集

オゾン水とは

国から食品添加物としての使用を認められたオゾンを
水に溶け込ませたお水です。

オゾンはフッ素に次ぐ強力な酸化作用があり、殺菌・ウイルスの不活化・脱臭・脱色・有機物の除去などに用いられます。

日本およびアメリカ合衆国では、食品添加物として認可されている。

水道水の殺菌に、塩素の代わりにオゾンが使用される国も多い。

オゾンは有機塩素化合物を生成しません。

ですので処理後の水にも残留せずに、塩素と比較して味や匂いの変化が少ない

 

 

タグ: , , , ,

 / 強酸性水用語集

菌の除去方法は様々です。

菌の除去方法について紹介していきたいと思います。

 

殺菌とは

滅菌とも呼ぶ。文字通り菌を殺すことです。微生物などの細菌を死滅させる、あるいは除去すること。

病原菌による人、動物、農作物等の感染や、

台所用品、医療器具等の感染汚染、食物など保存を要する物の細菌の活動による変質などを防ぐ目的で行います。

 

 

滅菌とは

有害・無害を問わず、対象物に存在しているすべての微生物およびウイルスを死滅させるか除去すること。

滅菌がこれらの中で最も厳重な方法であるが、その用途は限られる。手洗いなどの際「人の手指を消毒する」ことはできるが、

滅菌することはできない。「人の手指を滅菌する」ことは、すなわち手指の細胞ごと全部を殺すこと(殺菌)です。

また、カビの除去などで、「カビの根が残っている」から再発するだけではなく、対象物をたとえ滅菌できても一般的な外気に触れることで、空気中に漂う胞子が着落し発芽するため、菌が再び増殖する。

 


消毒とは

対象物に存在している病原性のある微生物を、その対象物を使用しても害のない程度まで減らすことである。この手段として殺菌が行われることもあります。

殺菌せずに病原性を消失させることにより消毒がされることもあるので、殺菌や滅菌とは少し意味が異なります。

 


除菌とは

対象物から菌を除いて減らすことです。

手を水で洗うことから、ろ過などにより菌を取り除くなど、様々な程度の方法があります。

 


抗菌とは

菌の増殖を阻止することである。繁殖を阻止する対象や程度を含まない概念。

済産業省の定義では、対象を細菌のみとしている。そのためJIS規格の抗菌仕様製品では、

カビ、黒ずみ、ヌメリは効果の対象外とされているそうです。

 

 

静菌とは

菌を殺さないが、その増殖を止めること(低温保存など)です。

タグ: , , , ,

強酸性水

 / 強酸性水用語集

強い殺菌作用を持ち、機能水などよばれる。 強酸性水はまたの名を次亜塩素酸水と呼ばれている。

 

次亜塩素酸を含む強酸性水は食品添加物用途に利用され次亜塩素酸水と呼ばれている。

水は元々酸性とアルカリ性に分かれています。
その中でph1~ph3までの酸性度が非常に高い水のことを強酸性水と呼びます。

 

 

強酸性水は殺菌力が高く、レジオネラ菌、サルモネラ菌、O-157、エイズ菌など瞬時に死滅させることが出来きるそうです。

サーズやO-157、新型インフルエンザなどが流行ったとき水のようなものをたくさんふ振りかけていました。

そうなんです、あれこそがまさに強酸性水なのです。

 

飲用しても副作用がないため現在では歯医者などの消毒剤として使用されています。

医療機関でも事故などによる消毒や、水虫の治療にも使われています。 強酸性水には皮膚を再生する働きがあるのです。

また、頭痛のとき強酸性水を飲むと、頭痛が治まるといわれています。

 

このように強酸性水には医学でも臨床された様々な効果があるのです

アトピーやにきびなど、膿や出血などによりカビや菌が繁殖しやすい状態になります。

それがさらに悪化させているのです。そこで殺菌効果がある酸性水を振り掛けることでカビや菌を死滅させることが出来き、アトピーを水で治す、水治療が盛んに行われるようになりました。

タグ: , , , ,

殺菌力の主役は何か?

 / 強酸性水Q&A

“強酸性水はデビュー当時、その抗菌活性は(高酸化還元位 ORP:+1000mV)と(低いpH)によるものと言われていました。

微生物の生存範囲が+900mV~-400mVでpHが3~10と言われています。そのため、強酸性水のような高酸化還元位 ORP:+1000mVですと微生物が生存しにくい地域と言えるのではないでしょうか。
また、その中に含まれている次亜塩素酸が注目されており、酸化力があるのでそういった点で殺菌効果があるのではないかとも言われているそうです。
まだまだ研究段階ではありますが色々な説があるそうです。”

タグ: , , ,

強酸性水ってどんな菌に有効とされているの?

 / 強酸性水について

“強酸性水は、様々な現場で使用されておりますが、どういった部分で有効とされているのでしょうか?
また、菌には様々な種類がありますが、どういった菌があるのかを今回はお答えしていきたいと思います。

菌の種類       菌の特長・種類
大腸菌       食中毒
サルモネラ菌       食中毒
緑膿菌       院内感染、眼疾患、下痢
セレウス菌       食中毒
黄色ブドウ球菌       食中毒
MRSA       院内感染
腸炎ビブリオ菌       食中毒
赤色酵母       水まわりの赤色着色菌
カンジダ菌       カンジダ症、粘膜に炎症
黒カビ菌       アレルギー性あり
水虫菌の一種

など、色々な種類があることが分かります。こういった菌などを不活化させるのが強酸性水の役割になります。”

タグ: , ,

滅菌と殺菌について

 / 強酸性水について

“強酸性水をお探しの方ですと、聞いたことがあるかと思いますが今回は、滅菌と殺菌の違いについてご説明したいと思います。
滅菌とは、文字どおりですが、微生物が存在できない無菌状態を作りだすことで、下記のような方法があります。

 

・火炎滅菌 ⇒ 器具に用いる方法でバーナーなどで焼いたりします。
・ろ過滅菌 ⇒ ろ過装置によって微生物を除去したりします。

 

ほかにも色々ありますが次は、殺菌についてご説明したいと思います。
殺菌は微生物をその名のとおりですが殺すことを言います。下記のような方法があります。

 

紫外線殺菌 ⇒ 紫外線を当てることにより殺菌する
瞬間殺菌 ⇒ 120℃で数秒間加熱する方法です。
除菌 ⇒ 本来は、ろ過して微生物を除去することを指すそうです。

 

滅菌・殺菌など色々な言葉がありますので、強酸性水を使う際は何を目的とするのか検討してからお探し頂ければと思います。”

タグ: ,

TOPへ戻る